ゆき転倒てんとう都内とないで67にんけが

産経ニュース

東京消防庁とうきょうしょうぼうちょうは22日、ゆき影響えいきょうあしすべらせるなどして転倒てんとうしたけがひとが、東京都内とうきょうとない午後ごごまでに67にんのぼったと発表はっぴょうした。19~87さい男女だんじょで、いずれもいのち別条べつじょうはない。
立川市では午後1時40分ごろ、70代男性が雪の積もったスロープを歩行中に足を滑らせて転倒。脳挫傷を負ったが、意識はあるという。
東京消防庁は「足元に十分気を付けてゆっくり歩いてほしい。降雪後の数日間は注意して」と呼び掛けている。

コメントを残す