キッズニュース - kids news -

日本を愛する子供を育てる

大相撲おおずもうきた“子供こども喧嘩けんか”に世界せかい唖然あぜん

JBPress

 1ねんめくくるはずの日本にほん相撲界すもうかい九州場所きゅうしゅうばしょは、場外じょうがいで“大乱闘だいらんとう”がつづいている――。

日本角界にほんかくかい幕内力士まくうちりきし42にんのうち、半数以上はんすういじょうめる最大勢力さいだいせいりょくにまでがったモンゴル出身しゅっしん力士りきしたちが、日本にほんふる伝統でんとうわくおさまりきれずに相撲部屋すもうべやえて連帯れんたいし、相撲すもう勝敗しょうはいにまで影響えいきょうするようなそと上下関係じょうげかんけいへと成長せいちょうし、それをわかっていながらどうにもできず隠蔽いんぺいはしるだけの相撲協会すもうきょうかい、そしてその勢力図せいりょくずいままさにえられようとしていることがよくわかる今回こんかいの「横綱よこづな日馬富士暴行事件はるまふじぼうこうじけん」だった。

つよくなりたいという自覚じかくがあればいいこと。流儀りゅうぎ格式かくしきはどうでもいい」というモンゴルぜい上下関係じょうげかんけい格式かくしき、しいていえば、『相撲道すもうどう』にこだわる貴乃花親方たかのはなおやかた。そして、いじめ暴行死事件ぼうこうしじけんからなにまなばず、モンゴル勢力せいりょくわれつつある相撲界すもうかいの3つどもえたたかいが表面化ひょうめんかした今回こんかい事件じけん行方ゆくえは1ヶ月かげつっても、深層しんそういまやみつつまれたままだ。

 

いままでの不祥事ふしょうじ経験けいけんかされず

そもそも、角界最高位かくかいさいこうい横綱よこづな土俵入どひょういりには、五穀豊穣ごこくほうじょう平安へいあん祈念きねんめられている。横綱にはそういったことから、「心技体しんぎたい」で、すべての力士りきし模範もはんとなり威厳いげんで、しかも高貴こうき品格ひんかくもとめられてきた。

世間せけんかられば、”子供こどものけんか”でおたがいプロの力士。情状酌量じょうじょうしゃくりょう余地よちと見なされるが元来がんらい、相撲は神事しんじであるからゆえ、ほか格闘技かくとうぎなどのスポーツとは一線いっせんかくす。それはモンゴルでもおなじだ。

日本を黄金おうごんくにあこがれるモンゴルの人たちに、「もっとしたしくすべき国」と尊敬そんけいされる日本。毅然きぜんとした姿勢しせい対応たいおうしてこそ、尊敬にあたいする国としての「日本の品位ひんい」をもどすことができるのでは――。

 

最近大相撲を見始めた人に、貴乃花の相撲を見てほしい。

どんなに自分より大きな相手でも真っ正面からぶつかって勝つ。

勝った後は相手を思いやる。これが真の横綱の姿だと私は思っています。

エルボー、ビンタ、ダメ押し、ガッツポーズなどは大相撲ではない。


続きはこちらよりどうぞ

JBPress

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 キッズニュース – kids news –

テーマの著者 Anders Norén