「ブルージェット」の発生源はっせいげん国際こくさいステーションの観測かんそくあきらかに

科学・宇宙

カラパイア】 くもからてんをつくようなひかりはしらのぼる。このあお光柱こうちゅうがブルーバンとばれる現象げんしょうで、その原理げんり完全かんぜんにはわかっていなかった。

 このほど、国際宇宙こくさいうちゅうステーションが観測かんそくした映像えいぞうから、ブルージェットの発生源はっせいげんあからかとなったようだ。

 2019年2月26日、太平洋たいへいようナウル島上空じょうくう飛行ひこうしていた国際宇宙こくさいうちゅうステーション(ISS)が、カメラ、光度計こうどけいX線えっくすせん・ガンマ線検出器せんけんしゅつきによって「ブルージェット」を観測かんそくしたことでその発生源はっせいげんが明らかとなった。

映像えいぞうはわかりやすくCG加工しーじーかこうしたものだそうだ

Elves seen from space

ブルージェットの発生源はブルーバン

 デンマーク工科大学の大気物理学者トーステン・ノイバート氏は『Nature』(2020年1月20日付)で、ブルージェットの発生源についての見解をを発表した。

 太陽が地球の表面を熱すると、上昇気流が発生して、湿気を含んだ空気が上昇する。やがて湿気は冷えて氷になり、互いにぶつかりながら静電気を蓄積していく。

 このとき成長して重くなるあられは負の電荷を、軽い氷晶は正の電荷をおびる。こうして雲の中(あるいは雲と地上)で電位が異なる領域が形成され、その間で放電が生じたものが雷と呼ばれる現象だ。

 しかし雲の上部で起きた乱れによってそうした電荷領域が1キロ以内に接近すると、一瞬強烈な電気の奔流が発生する。これがブルーバンの正体かもしれないとのことだ。

詳細は、こちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました