かいこからシルク製品せいひんができるまで

仕事・ライフ
全国こども科学映像祭受賞作品 (55)文部科学大臣賞小学生部門『カイコの一生』
生糸ができるまで
【秩父観光】伝統的工芸品「秩父銘仙」を知る旅に行ってきました!
ふじや衣装(秩父市中町10-6)

秩父銘仙館(埼玉県秩父市熊木町28-1)http://www.meisenkan.com/

寺内織物 (埼玉県秩父市道生町7−1)

  染め織り体験そめおりたいけんができます。

  ・ほぐし捺染体験なっせんたいけん 8,000円~

裂織体験さきおりたいけん    8,000円~
手織り体験ておりたいけん   1,000円
藍染あいぞめ      1,300円
型染かたぞめ      1,000円

若わかき継承者けいしょうしゃが「秩父銘仙ちちぶめいせん」に魅みせられた理由

「跡継あとつぎがいない」それはきっと、伝統工芸品でんとうこうげいひんをつくる職人しょくにんだけではなく、全国の農家ぜんこく のうかや自営業じえいぎょうなどみんなに共通きょうつうする課題かだいだ。

「<ruby>跡継<rt>あとつ</rt></ruby>ぎがいない」。それはつまり、<ruby>伝統工芸の職人<rt>でんとうこうげい しょくにん</rt></ruby>がいなくなり、日本の伝統工芸品が<ruby>絶滅の危機<rt>ぜつめつ きき</rt></ruby>にあるということだ。これはきっと、伝統工芸品をつくる<ruby>職人<rt>しょくにん</rt></ruby>だけではなく、全国の<ruby>農家<rt>のうか</rt></ruby>や<ruby>自営業の経営者<rt>じえいぎょう けいえいしゃ</rt></ruby>など、みんなに共通する<ruby>課題<rt>かだい</rt></ruby>でもあるだろう。

そんな地方や伝統産業が抱える問題から救ってくれると期待されているのが、「若き後継者」の存在だ。全国各地が試行錯誤して若者を呼び込もうとしている中、埼玉県秩父の伝統工芸品「秩父銘仙」を受け継ぐ女性が現れた。秩父にある工房『Magnetic Pole』で「秩父太織(ちちぶふとり)」をつくっている南麻耶さんだ。
続きはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました